この記事は約 5 分で読めます

この記事の最終更新日は 2019年10月6日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

肋骨折れてるのに5日放置して20km走る男 ※深い息吸えね~し( ;∀;)

唐突ですが、肋骨1本折れました(+o+)

 

この写真は病院でコルセット巻いてすぐの画像です。
病院の待合室でパシャリと写真撮るとは思いませんでした。バカですね~

 

なぜ?肋骨折れたのか…

恥かしいですが暴露します( ;∀;)

スポンサーリンク

人間の肋骨なんて簡単に折れますよ。

ランニング終わってから、みんなたぶん汗を洗い落とすためにシャワーを浴びると思うけど、その時にお風呂の掃除をついでにするのが最近の僕の日課だったんです。

その日はお風呂の天井を掃除。

 

バスタブの縁に乗ってちょこちょこ移動し背伸びしながら天井を洗う素っ裸の僕。。。

 

悲劇は突如起きます。

 

洗剤を使っていたからバスタブの縁にもちょっと洗剤が付いていたんでしょうね、注意はしていたんですが一気に足が滑りました。

 

注意はしていたんですよ?

 

いつもお風呂は滑るって思っていたから超用心して慎重に縁を移動してたんだけど、ちょっと滑ると一気に態勢崩れますね。

 

人間なんてモロイものです(+_+)

 

 

足が滑ったと思った瞬間、お風呂の床に僕は倒れていました。

 

素っ裸で。ものすごい音とともに。

 

 

用心はしていたので手もタオルをかけるちょっとしたラックをつかんでいたけど、バランスが崩れるとそんなの意味ないです。

 

天井を掃除していたわけだから高い位置からまずは直接右腰の横を強打、そして胸を打ちそうだったので右手の肘でバスタブの縁を押さえたつもりが、また滑って右わき腹を強打して倒れ込みました(*_*;

 

”ヤバい、どこか骨折したかも”

 

って、すぐに思いました。

 

それくらい体をバスタブの縁に強打したからね。

 

痛いというのもあったけど腰からは血が流れていたし、倒れたときの音がすごかったからびっくりしました。

 

とにかく起き上がって脇腹を手で触って折れていないか確認して大丈夫そうだったから痛い痛いといいながら、残りの天井の掃除をしたんだけどね。

 

なんか平常心を無理に保とうとするって心境です。

 

冬道に歩いていて滑って転んで恥ずかしいからその場は直ぐに立ち上がって、横道に曲がってから痛いところを確認するような行動するでしょ?あんな感じ。

 

で、脇腹は痛かったけど手で触ってみて骨折しているような感じじゃなかったので、病院にもいかずにそのまま放置してました。

 

そしてなんと10kmジョグを2回もやってました(-_-;)

 

確かに走り出すと途中から脇腹が痛くなったりしたけど、ただの打撲だろうと思ってたんです。

それに月間走行距離200kmに手が届きそうだったから無理したんですね。

 

71

 

あと10kmで6月も月間200km達成だったのに…

 

深い呼吸ができない

お風呂で転倒してから5日目の朝、燃えるゴミを出す日だったので、いっぱいになった30Lのゴミ袋を200m離れたゴミ置き場に持って行ったんです。

 

その時になんか脇腹が痛くて右手に持ち替えたり左手に持ち替えたりして持っていたんです。

 

ところが、ゴミを置いて帰るときに今まで感じたことないくらいに脇腹が痛い(*_*;

スポンサーリンク

 

なんか今日は痛いなぁ~とか思いながら、その後、ラジオ体操してランニングに行こうと思っていたらラジオ体操すらできないくらいに痛くなったんです。

 

大きく息を吸うと激痛。体をねじると激痛。

 

ハァハァと小刻みな浅い呼吸しかできない状態でした(+_+)

 

全治1か月の診断

すぐに病院に行きました。

肺に肋骨が刺さっているのかもしれない・・・本気でそう思いましたよ。

 

息ができないんだもの。これはヤバいということで急いで病院に直行。

 

すぐに診察してもらったんだけど、お風呂で転んで胸を打ったと言ったら先のとがったゴムの黒いハンマーで痛い部分をいきなり叩くじゃない、その先生!!!!

 

「うおおおお~」

 

と痛がる様子を見て、さすがにこれはヤバいと思ったんでしょう。

 

すぐにレントゲン撮影してみましょうとなりました(先に撮影してくれ・・・)

 

レントゲン写真を見せてもらったけど見事にばっくりと肋骨1本折れてました。きれいに見事に折れてました。

 

そして1か月絶対安静と宣告されました。

 

「ちょっとだけ運動してダメですか?」

 

と言ったら、「絶対ダメ!」と怒られました。

 

ウォーキングしてみたら…

骨折してから10日経ったので、そろそろウォーキングくらい大丈夫だろうと今日ウォーキング2kmやってきました。

先生には内緒です。体を動かしたくてウズウズしちゃってさぁ(;´Д`)

 

それでね、1kmまでは調子よかったので、これなら軽くランニングくらいなら大丈夫かもって思ってたけど、帰りの1kmは脇腹が痛くなってゆっくり歩いてきました(+o+)

 

やっぱりまだ運動はだめだ。

 

肋骨ってそんなに簡単にくっつかないや。

真面目にしばらく安静にしていようと思いました。

 

早く走りたい。まじに走りたい。気持ち良い汗を流したい。

今はそんな気持ち。

 

神様は僕に試練を与えてくれてるんだろう。
この壁を乗り越えれば、僕はもっと大きくなれる♪そう思うしかないや。あ~あ(;'∀')

まとめ

肋骨が折れると日常生活にもこれだけ支障が出ます。

 

  • くしゃみができない
  • 鼻がかめない
  • 体をねじれない
  • 寝返りが打てない
  • 爆笑できない
  • シートベルト装着するとき大変
  • 重いものを持てない
  • 大きく息が吸えない

 

ランニングすると胸が痛くなるとかってたまにあるけど、あれはペースが速いだけ。
ペースを落とすと胸が痛いの治ります。

 

久しぶりにランニングしたときに調子に乗ってペースアップしてよく胸が痛くなるけど、ペースも上げてないし普通に生活しているのに胸が痛いとかってやっぱり病院すぐにいったほうがいいです。

 

僕は5日経過してから病院に行ったわけだけど先生に怒られました。

 

もっと激しい運動してたら肋骨が肺に刺さったりとんでもないことになっていた可能性もあるんだよ!と言われました。

 

確かにな・・・と思ったけどね(*_*;

 

ランニングしているときに途中で脇腹が痛くなって変だなとは思ってたんだけどね。

 

でも不思議なものです。

骨折判明するまでは鏡見てあばら骨を手で押しながら骨折しているか確認していたのに、今ではちょっと撫でただけで痛いような気がします。気の持ちようって大事だね。

 

あなたもランニング中に体の異常を感じたら我慢しないで病院にいきましょう。

 

一緒に読みたいケガ情報

スポンサーリンク