この記事は約 2 分で読めます

この記事の最終更新日は 2015年3月22日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

フルマラソンのペースの目安を心拍数基準で測定してみた。

今日もフルマラソンのペース走を心拍数基準でやってみた。
最近はこの心拍数トレーニングが実に面白い!(^^)!
まぁ自分の今現在のランニングの実力を思い知らされはするが、実力も分からずに前半からオーバーペースで走って、後半失速して悔しい思いするよりはいいや。

ということで今日もフルマラソンの基本ペースと言われている最大心拍数の70~80%で走ってみました。
僕の現在のフルマラソンペースの心拍数は132~150bpmなので、その範囲内でペース走です。
最大心拍数の測定方法はこちらを参考に。

で、今日は11キロ弱のペース走でした。データはこちら↓

3191

平均ペースは1キロ6分22秒でしたね。
この前のペース走より10秒速かったようです。
ただ心拍数の平均が149bpmだからペース配分ギリギリまで上げて走ってたんですね~

3192

スポンサーリンク

確かにグラフで見るとフルマラソンペースであるオレンジゾーンでの走りは55%だったもんね。39%は10キロやハーフマラソンでのペースでした。
でも11キロの距離数だから息も切れずに走ってたんですけどね(*´з`)

一応これがその時の平均ペースと心拍数のグラフです。

3193

最後はウインドスプリントで200mくらい流して終了です。

で、1キロ6分22秒のペースで仮にフルマラソン42.195キロ走破したとしたらタイムはどうかというと・・・

3194

んーと、、4時間28分くらいですか。
このペースで完走できればの仮定だけどね。
まーこうやってポイント練習としてペース走、インターバル走、ビルドアップ走、坂道ダッシュなどを組み込んで心肺機能強化していけばサブ4で歩かずに完走もゆめではないのでは?

今度は20キロ、30キロも走ってみようと思います。
フルマラソン出場するなら最低でも30キロ走はやらないとダメだと思い知りましたので・・・(;´Д`)
[br num="1"][br num="1"]

スポンサーリンク